血液サラサラの意味と重要性

健康に関して血液の状態や情報は非常に大切です。血管や血液が健康であれば、それが原因となる様々な疾患を予防することが出来ます。ここで、血管や血液が健康な人は、血液サラサラという表現がよくなされます。血液がさらさらしていてるかどうかは、自分で自覚することが出来ないので、病院で調べることになります。ただ、自分でセルフチェックすることも出来ます。血液がドロドロになると、血圧が高くなったり、コレステロール値が高くなったりするので、それらの値が高いと、血液はドロドロである可能性が高くなります。では、病院で調べてみるとどのように見えるのでしょうか。
病院で血管や血液の様子を観察すると、一目瞭然です。血液サラサラの場合は、文字通り血管の中をサラサラと血液が移動している様子を見ることができ、ドロドロの場合は、血液が泥のようにドロドロと流れている様子を見ることができます。このように、血液がサラサラという意味は、血管の中をいかにスムーズに血液が移動しているか、ということになります。
血液がドロドロになると、血圧が高くなるだけでなく、血栓という血液の塊が血管を詰まらせ、動脈硬化や動脈瘤、心筋梗塞や脳梗塞といった重大な疾患を引き起こす可能性が高くなります。そのため、日常生活において生活習慣を改善することや、ストレスや疲労を溜め込まないことなどして、血管や血液の健康を維持することが重要です。また、定期的に検診を受けることも忘れないようにしましょう。
http://www.maasaimarathon.com/

コメント投稿は締め切りました。